2016年6月16日~6月17日 職長・安全衛生責任者教育(出張講習) 場所:神奈川県

■講習会でお仕事に役立ちそうだと思われた事柄は?(複数回答可)
法令・規制などの知識 6
現場における意識や教育 18
作業上の技術やノウハウ 4
その他 ・

■講習会で思いがけない発見や新たに関心を持たれた事柄がありましたか?(複数回答可)
発見があった 10
新たに関心を持った 10
特になかった 2

・新人教育についての指導方針に役に立ちました。リスクアセスメントとは何か少し分かりました(40代 一般社員)
・足場講習の義務化の話しは初めて聞いた(40代 職長・管理職)
・今まで現場で対応していた安全管理の内容を見直す事が出来ました(40代 職長・管理職)
・最近、現場で作業手順書を書く時、リスクアセスメントの内容が入っています。講習会で作成した手順書とだいたい同じでした。以前とは変わってきているのを実感しました(50代 一般社員)
・リスクアセスメントを取り入れることで、安全意識を更に高めることができるなと思った(20代以下 一般社員)
・第3章リスクアセスメントがある程度理解出来たと思います(作業手順書の作製のしかた)(60代以上 経営者)
・リスクアセスメントを認識できた(40代 一般社員)
・リスクアセスメントの必要性。有効な活用法(  )
・現場に携わることが少ないため、全てが新しい内容でした(40代 一般社員)
・作業手順書、リスクアセスメントの重要性。作業に対する接し方(なめ方、しかり方等)(30代 職長・管理職)

■講習会に参加して良かったと思いますか?
・(良)テキストとDVDが講習内容がとても分かりやすく、講習中の流れが無駄が無かった。別の講習では一人一人テキストを読ませたりして無駄が有るが、講師の方が素晴らしいので、とても自分の教育になりました(40代 一般社員)
・現場における職長としての心がまえができた。リスクアセスメントの洗い出しのイメージができた(40代 職長・管理職)
・講師の方の経験談もとても参考になりました(40代 職長・管理職)
・工場等規模の大きな物件が多いので、必ず手順書を作成しますので、必要事項がはっきりと分かった(50代 一般社員)
・リスクアセスメントについてよく分かった(40代 )
・言葉だけだと説明が難しいところを映像で補っていて、分かりやすかった(20代以下 一般社員)
・安全衛生に関する事が全般的に知識が向上しました。これからも教育テキストを常に身近に置いて参考にしたいと思います(60代以上 経営者)
・DVDで具体的(40代 一般社員)
・グループ討議で自分の気付かない危険予知が出来た事。安全面、作業指示を今後の仕事で見直して実施しようと思います(30代 職長・管理職)
・今後の現場での作業員としてのKY用紙への記入等、今までより、より安全に配慮して記入できる(50代 経営者)

このページをシェアする

講習会をお探しですか?

 

▲ページ先頭へ