2017年2月24日 酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育(出張講習) 場所:埼玉県

■講習会でお仕事に役立ちそうだと思われた事柄は?(複数回答可)
法令・規制などの知識 3
現場における意識や教育 14
作業上の技術やノウハウ 1
その他 ・

■講習会で思いがけない発見や新たに関心を持たれた事柄がありましたか?(複数回答可)
発見があった 4
新たに関心を持った 9
特になかった 1

・AEDの操作(50代 一般社員)
・安全帯の話題(今後は胴ベルト型からハーネス型への普及・変更を促進していくとのこと)(50代 一般社員)
・硫化水素に対し、臭いだけでの判断は危険で、測定を必要とすること。測定・換気・保護具をきちんと実施するば事故が防げること。酸素欠乏と硫化水素中毒では、事故の時の対処が異なること(40代 一般社員)
・酸素欠乏・硫化水素中毒・保護具・救急処置・労働災害発生状況など(50代 その他)
・酸素欠乏になった時の体内の変化が詳しく分かり、関心を持った(40代 一般社員)
・硫化水素の発生のし方や心肺蘇生など(20代以下 一般社員)
・硫化水素の臭気は、感じてからでは遅い事が分かりました(30代 一般社員)
・もし硫化水素で酸欠になった場合は諦めようと思った(30代 一般社員)
・昔、救急処置の講習を受けた時は、まず人工呼吸と教わった覚えがありましたが、今回の講習を通じて、最新の救急処置を知る事が出来て、非常に勉強になりました(40代 一般社員)
・労災の発生原因の割合に関心を持った(20代以下 その他)

■講習会に参加して良かったと思いますか?
・基本を忠実に行うことの大切さが分かった。主任者が注意・指導してほしい(50代 一般社員)
・今まで知らなかった知識を得ることができた(50代 一般社員)
・基本的なことから、実際の作業をイメージ出来る内容であったこと。話が分かりやすかったことが良かったと思います。ありがとうございました(40代 一般社員)
・労働環境・労働災害等に関する意識づけになった(50代 その他)
・酸欠の知識はなかったので、現場作業では気を付けようと思った(40代 一般社員)
・呼吸器の実物などに触れられたら良いなと思いました(30代 一般社員)
・テキストやパワーポイント、ビデオ教材を使用した講習で、酸素欠乏の恐ろしさが改めてよく分かりました(40代 一般社員)
・具体的な酸欠のケースを確認することができた(20代以下 その他)
・とても良かったです(50代 )
・新しい知識を身に付けられた為、良かったです。災害が発生しないよう、毎回の安全確認をし、作業をしていかないといけないと改めて実感しました(20代以下 一般社員)

このページをシェアする

講習会をお探しですか?

 

▲ページ先頭へ