2018年7月10日~7月11日 高圧・特別高圧電気取扱業務特別教育(出張講習) 場所:福島県

■講習会でお仕事に役立ちそうだと思われた事柄は?(複数回答可)
法令・規制などの知識 6
現場における意識や教育 10
作業上の技術やノウハウ 3
その他 ・

■講習会で思いがけない発見や新たに関心を持たれた事柄がありましたか?(複数回答可)
発見があった 5
新たに関心を持った 3
特になかった 3

・自分自身を大切にする。自分の目で確認することが大事だと感じました(20代以下 一般社員)
・保護具、計測器等、定期検査が必要であること(50代 一般社員)
・発見点というか、高圧・特別高圧に関することの再確認ができた(40代 職長・管理職)
・第5編、関係法令(40代 職長・管理職)
・活線なのかどうかの重要性を改めて確認することができた(20代以下 一般社員)

■講習会に参加して良かったと思いますか?
・電気について、詳しく学び、知識を身につけることによって、危険な物を知り、作業をしていこうと思いました(20代以下 一般社員)
・ある程度の知識を心得ていたつもりでも、さらに踏み込んだところで知らないことが多く、たいへん勉強になった(50代 一般社員)
・普段、高圧は触れる事が出来ないのでイメージに乏しかったが、講師の方の経験談などから深く関心を持つ事が出来た(50代 職長・管理職)
・電気は専門ではないので、今回の教育はむずかしかったです(40代 一般社員)
・高圧電気について再認識する事ができた。専門用語が多く、理解するまで時間が掛かった(40代 職長・管理職)
・あらためて電気の怖さを再確認できてよかったです。いつでも危険だという認識を持って電源入切等操作したいと思います(30代 一般社員)
・実際に遮断機の開閉ができてよかった。現場に行っても教えて頂いた注意点を忘れずに作業したい(20代以下 一般社員)
・いろいろと再認識出来ました(40代 職長・管理職)
・規定(6ヶ月に1回点検等)を知らず、行っていない事がいくつかあり、知ることができてよかった(20代以下 一般社員)

このページをシェアする

講習会をお探しですか?

 

▲ページ先頭へ