2018年10月17日~10月18日 低圧電気取扱業務特別教育(学科・実技)(出張講習) 場所:香川県

■講習会でお仕事に役立ちそうだと思われた事柄は?(複数回答可)
法令・規制などの知識 3
現場における意識や教育 18
作業上の技術やノウハウ 4
その他 ・

■講習会で思いがけない発見や新たに関心を持たれた事柄がありましたか?(複数回答可)
発見があった 4
新たに関心を持った 12
特になかった 4

・安全に対する意識を改めて持った(50代 職長・管理職)
・感電で死亡する人が多いことが分かった(40代 職長・管理職)
・低圧電気の怖さを知りました。普段の何気ない作業でも、安全を意識した行動を心掛けていきたいと思いました(30代 職長・管理職)
・現場での全ての作業において、命にかかわる可能性がある事。そうならない為にも、指揮者、作業者の役割分担が重要である事(30代 職長・管理職)
・工具、防具等の点検や確認の必要性が大事と気付いた(40代 職長・管理職)
・検電器等の器具や、安全に関する防具について(30代 職長・管理職)
・目に見えない危険がひそんでいることと、二次災害のこわさ。電気事故による死亡率の高さ(50代 一般社員)
・感電の危険について(電圧、電流、時間)によって変化すること(40代 職長・管理職)
・50Hzと60Hzの違いが生まれた理由。接地の重要性(30代 一般社員)
・発電所から送られてくる電気の仕組み、変圧の仕組み(30代 一般社員)

■講習会に参加して良かったと思いますか?
・低圧電気の危険性について、動画を用いて理解が深まった(50代 職長・管理職)
・安全に関すること(40代 職長・管理職)
・現状に合った具体的な説明(40代 一般社員)
・電気災害について、その危険性を改めて認識した(40代 職長・管理職)
・感電の恐ろしさ。安全の大切さを再認識した(30代 一般社員)
・実技をすることで、一連の流れを勉強することが出来て、良かったです。会社だけではなく、会社以外でも役に立つ内容が勉強できて、良かったです(30代 職長・管理職)
・基本作業での危険性を再認識する事が出来た(30代 職長・管理職)
・電気は目に見えない為、検電器などで必ずチェックするよう注意する(40代 職長・管理職)
・基礎的な知識がついた(30代 職長・管理職)
・話が分かりやすく、聞きやすかった。安全に対しての意識が上がった(50代 一般社員)

このページをシェアする

講習会をお探しですか?

 

▲ページ先頭へ