2018年11月20日 低圧電気取扱業務特別教育 場所:秋田県

■講習会でお仕事に役立ちそうだと思われた事柄は?(複数回答可)
法令・規制などの知識 7
現場における意識や教育 30
作業上の技術やノウハウ 11
その他 ・講師の経験談

■講習会で思いがけない発見や新たに関心を持たれた事柄がありましたか?(複数回答可)
発見があった 17
新たに関心を持った 12
特になかった 8

・普段何気なく100Vを使用していますが、100Vでの感電で死亡例があったのは、驚きでした(30代 一般社員)
・作業している中で、このような教育の機会がなかった為、全て勉強になった(30代 一般社員)
・AED取り扱い(30代 一般社員)
・電気に対する基礎知識、法令を知る必要性を強く意識できた(50代 職長・管理職)
・ハイブリット車の映像(50代 一般社員)
・検電器活用に関心を持った(30代 一般社員)
・ハイブリット車でのトラブル対応を事前に考えておく(50代 職長・管理職)
・ろう電ブレーカーの必要性。感電時の人体における影響等(40代 一般社員)
・改めて当たり前の事をしっかり行おうと思った(30代 一般社員)
・言葉では聞いた事があるが、ビデオ等で実際に目で見る事が出来た(40代 職長・管理職)

■講習会に参加して良かったと思いますか?
・低圧の電気に関する基礎知識が理解できました(50代 職長・管理職)
・専門的な知識(50代 一般社員)
・基礎知識が学べた(30代 一般社員)
・改めて電気は目に見えないので、注意しなければならないと再確認した(40代 一般社員)
・感電の恐さを知れた(50代 職長・管理職)
・分かりやすい説明で良かった(40代 一般社員)
・知らない事が多く、疑問に思っていた事も知る事が出来た(40代 職長・管理職)
・確認作業の重要性(50代 職長・管理職)
・色々な保護具、点検工具がある事を知った。会社に知らせて、必要な保護具、点検工具をそろえてもらう(40代 一般社員)
・会場がとても寒かった(30代 一般社員)

このページをシェアする

講習会をお探しですか?

 

▲ページ先頭へ