2019年1月23日 低圧電気取扱業務特別教育(出張講習) 場所:三重県

■講習会でお仕事に役立ちそうだと思われた事柄は?(複数回答可)
法令・規制などの知識 12
現場における意識や教育 17
作業上の技術やノウハウ 8
その他 ・実際の事故事例での意識

■講習会で思いがけない発見や新たに関心を持たれた事柄がありましたか?(複数回答可)
発見があった 10
新たに関心を持った 12
特になかった 3

・低圧は安全な作業だと思っていたが逆だった(30代 一般社員)
・ロックアウトやタグアウトについては全く意識がなかった(30代 一般社員)
・労働安全衛生法を知る事が出来、勉強になりました。条例等知らない事もあり学べました(  )
・法令を改めて理解する事(50代 職長・管理職)
・感電時はその人ふれずに棒や足などで放すということなど(40代 一般社員)
・たとえ低圧でも電流によって大きな事故につながる点(30代 一般社員)
・低圧の感電に対する災害が思っているより多く、気をつけようと思いました(40代 一般社員)
・法令、防具、点検など(40代 一般社員)
・絶縁用保護具について(30代 一般社員)
・接地の原理がはっきり分かった(30代 一般社員)

■講習会に参加して良かったと思いますか?
・条例も含めて話が聞けたので非常にわかりやすかった(重要度も含めて)(30代 一般社員)
・大きな事故になる事例がいくつもあり、今後の意識付けが高まった(50代 一般社員)
・第1種衛生管理者を所有しているが、再度忘れている部分を勉強しなければと思いました。職場の安全管理に努めます(50代 一般社員)
・説明が分かりやすく、DVDをまじえて楽しく受講出来、良かったです。1時間に1回の休憩も集中力が継続出来たので良かったです(  )
・安全に関する自己知識の甘さを痛感した(50代 職長・管理職)
・初めて知ったという事もあったのでよかったと思いました(40代 一般社員)
・いろいろ再認識できる良い機会であった(40代 一般社員)
・短時間でポイントを理解することができたと思う(40代 一般社員)
・知らなかった事を知る機会になった(30代 一般社員)
・電気感電に対し、認識をあらためられた。安全教育の必要性を感じた(50代 職長・管理職)

このページをシェアする

講習会をお探しですか?

 

▲ページ先頭へ