2019年2月27日 安全管理者選任時研修 場所:長野県

■講習会でお仕事に役立ちそうだと思われた事柄は?(複数回答可)
法令・規制などの知識 12
現場における意識や教育 22
作業上の技術やノウハウ 3
その他 ・安全委員会の進め方。リスクアセスメントの進め方
・リスクアセスメントの手法

■講習会で思いがけない発見や新たに関心を持たれた事柄がありましたか?(複数回答可)
発見があった 12
新たに関心を持った 13
特になかった 

・リスクアセスメントのやり方。通勤災害についての考え方(30代 一般社員)
・一言で安全と言っても、安全とはの多さに気付かされた(40代 職長・管理職)
・リスクマネジメント(アセスメント)の手順について。他社の皆さんとの情報交換(50代 一般社員)
・労災があった際に、会社だけでなく安全管理者も、社会的責任を負う事を知らなかった(30代 職長・管理職)
・他の業種の安全管理手法を知ることができた(30代 一般社員)
・安全管理者の責任の重さを再確認させて頂いた点(40代 職長・管理職)
・安全や危険に対する考え方が変わった(40代 職長・管理職)
・責任の所在と管理者としての立場(50代 職長・管理職)
・安全管理者に選任するにあたって、何も分からなかったが、何をやらなければいけないのか、講習を受け、分かりました。リスクアセスメントの重要性(30代 職長・管理職)
・リスクに対する考え方(潜在的要因として)。安全衛生委員会の在り方(50代 職長・管理職)

■講習会に参加して良かったと思いますか?
・安全管理に関する意識を高められた点(50代 一般社員)
・労働災害に関する意識、認識の低さを痛感しました(50代 職長・管理職)
・グループ討議では、異業種間での安全衛生に対する関わり方や問題点を聞くことができ、今後自社での取り組み方に展開させるための情報、知識を得られました(50代 一般社員)
・意見交換ができた事(50代 職長・管理職)
・新たな考え方があった(40代 )
・安全管理者としての心構えを持つことで、会社全体の安全管理の重要性を再認識できたこと(40代 職長・管理職)
・分かりやすい講習で良かったと思います(30代 職長・管理職)
・知らない事が多すぎて、もっと勉強をしなくてはと感じた(30代 職長・管理職)
・危険予知の難しさ、自分の考えの甘さを感じる事が出来、安全管理の重要性が分かった。社内展開するにあたり、いい勉強になった(30代 職長・管理職)
・興味を持たせるような講習会であった。現場で確認してみたいと感じた点を見つける事があった(  )

このページをシェアする

講習会をお探しですか?

 

▲ページ先頭へ