2019年3月18日 安全管理者選任時研修 場所:和歌山県

■講習会でお仕事に役立ちそうだと思われた事柄は?(複数回答可)
法令・規制などの知識 12
現場における意識や教育 15
作業上の技術やノウハウ 2
その他 ・リスクアセスメントの方法。現場作業における安全意識向上教育

■講習会で思いがけない発見や新たに関心を持たれた事柄がありましたか?(複数回答可)
発見があった 4
新たに関心を持った 9
特になかった 2

・リスクアセスメントによるリスクの低減化(50代 職長・管理職)
・安全教育の実施方法について、テキスト、お話で実践しようと思うものがあった(50代 職長・管理職)
・リスクアセスメントの評価方法のバリエーションが知れた事(50代 一般社員)
・努力義務でも法令違反を問われる事(50代 安全衛生責任者)
・法令・規則について深く学ぶ(50代 経営者)
・事業所での安全への取り組み(30代 職長・管理職)
・安全管理とは危険場所の発見(50代 一般社員)
・新規採用時、安全教育(60代以上 職長・管理職)
・労働安全衛生法が、労働者の安全と健康を確保するために設けられた点(30代 職長・管理職)
・職長教育講習の時もそうでしたが、職場教育の在り方や進め方等(50代 職長・管理職)

■講習会に参加して良かったと思いますか?
・リスクアセスメントについての講義が分かりやすく、良かった(40代 職長・管理職)
・安全意識の向上(50代 一般社員)
・リスクの低減を図るとともに、社員教育に取り入れたい(50代 職長・管理職)
・講師の話(40代 職長・管理職)
・改めて考える場になりました。ありがとうございました(30代 職長・管理職)
・職場内に安全活動を定着させる上で、法的根拠など、説明することができる(30代 職長・管理職)
・リスクアセスメント、KYKについては、今後社内で検討できる内容でした。法令に関しての見方が参考になりました(50代 職長・管理職)
・多方向の講義で集中できた(50代 一般社員)
・安全管理者の役割、法令に関する理解と認識が深まった(50代 職長・管理職)
・リスクアセスメントの方法が分かりやすかった。今までは担当に投げていたことが多かったが、今後の自分の安全活動に大いに活かせる(50代 職長・管理職)

このページをシェアする

講習会をお探しですか?

 

▲ページ先頭へ