2019年8月27日 低圧電気取扱業務特別教育(出張講習) 場所:兵庫県

■講習会でお仕事に役立ちそうだと思われた事柄は?(複数回答可)
法令・規制などの知識 12
現場における意識や教育 32
作業上の技術やノウハウ 8
その他 ・電気工事士との違い

■講習会で思いがけない発見や新たに関心を持たれた事柄がありましたか?(複数回答可)
発見があった 18
新たに関心を持った 13
特になかった 10

・感電のレベルについて(50代 その他)
・日常生活での電気の危険性(20代以下 一般社員)
・簡単に感電してしまう事例を聞いて、電気を扱う作業者はこの教育を受けておく必要があると感じた(20代以下 一般社員)
・感電するにはどれくらいの量、時間が必要なのか分かりました(20代以下 )
・思ったより小さい電流量で死に至る(20代以下 一般社員)
・絶縁体であっても、電気が全く通らないわけではなく、通りにくいだけだという点(20代以下 一般社員)
・低電圧作業下での事故の多さや事例(20代以下 一般社員)
・アースをすることが、どれほど大切か分かった。漏電の怖さを知った(  )
・電流が体に流れると、あんなにひどいことになる事にびっくりした(20代以下 その他)
・普通に仕事で使用していた低電圧電気で死亡事故が多い事(40代 その他)

■講習会に参加して良かったと思いますか?
・分かりやすかった(20代以下 一般社員)
・電気を扱う作業での知識や注意点を知ることができたから(20代以下 一般社員)
・身近にひそんでいる危険を再認識することができた(20代以下 一般社員)
・知らない知識を知ることができた(20代以下 一般社員)
・電気の怖さが改めて分かった(20代以下 その他)
・知らなかった事をたくさん知る事が出来た(20代以下 その他)
・なんとなく分かっていると思いましたが、詳しい説明でよく理解できました(30代 その他)
・作業中だけでなく、日常の中にも危険があることが分かり、気を付けようと思いました(20代以下 その他)
・今まで以上に電気の取扱いに注意しようと思えたので、良かったです(40代 その他)
・設備や安全用具の知識が深められたこと。事故の事例等を通して、安全に関する意識が高められたこと。最新の一次救命の方法が分かったこと(50代 一般社員)

このページをシェアする

講習会をお探しですか?

 

▲ページ先頭へ