よくあるご質問・回答【職長教育】

講習はどういった内容(カリキュラム)ですか?

「職長教育の概要」のページをご覧ください。


実技はありますか?

講習には、実技はございません。学科のみとなります。
関係法令にも実技教育実施の規定はございません。


受講にあたり、必要な資格等はありますか?

受講にあたって、年齢制限、必要な資格等はございません。


「職長教育」と「職長・安全衛生責任者教育」のどちらを受講すればよいかわかりません。

製造業等に属する方のうち一定規模(通常50人以上)の建設工事現場での作業を伴う方は、「職長・安全衛生責任者教育」の受講をご検討下さい。
「職長・安全衛生責任者教育の概要」のページに対象となる方についての詳しい説明がございますので、ご参照下さい。

「職長教育」(12時間)と「職長・安全衛生責任者教育」(14時間)は、受講開始から12時間までは、同じ内容の講習を行います。

「職長・安全衛生責任者教育」は「職長教育」と合わせて「安全衛生責任者教育」も受講できる講習です。


2日間受講しなければならないのですか?

当協会では、労働安全衛生規則第40条のカリキュラムに基づく2日間(12時間)の講習を実施しております。

2日間受講された方には修了証をお渡ししておりますが、1日のみ受講の方には修了証をお渡ししておりません。


地域・講習・人数に合わせてすぐに予約可能

講習会を予約する

このページをシェアする

講習会をお探しですか?

 

▲ページ先頭へ