よくあるご質問・回答【酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育】

実技はありますか?

講習は学科のみで、実技はありません。

関係法令にも実技教育実施の規定はありません。


1種と2種の違いはなんですか?

2種は酸素欠乏症と硫化水素中毒の両方の危険性がある場所での作業を、1種は酸素欠乏症の危険性がある場所での作業を指します。

当協会の講習は2種の作業者を対象としていますが、この講習には1種の教育内容も含んでいます。詳しい区別は酸素欠乏症等防止規則第2条をご確認ください。


主任の資格はとれるのですか?

この講習で、主任の資格を取得することはできません。

酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者に選任される資格を取得するには「酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者技能講習」の修了が必要となります。この技能講習は当協会で実施する「酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育」とは異なるものです。

(作業主任者技能講習は、当協会で実施する特別教育よりも規定の講習内容・時間が多く、修了試験があります。)


主任者の資格を持っていても受講しないといけないのですか?

酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者技能講習を修了されている方は、この講習を受講していただく必要はありません。

作業主任者技能講習のカリキュラムに、酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育の内容が含まれているためです。


1種の資格を持っていても受講しないといけないのですか?

当講習には、2種にあたる硫化水素の講習が含まれておりますが、1種にはそれが含まれておりません。酸素欠乏危険場所には、酸素欠乏空気だけでなく硫化水素発生に注意すべき場所もありますので、受講をお勧めいたします。

1種と2種の違いについては、上記の「1種と2種の違いはなんですか?」をご確認ください。


酸素欠乏の資格についてご質問させて頂きたいのですが、免震ピット(ピット内の高さ約1m~1.2m)内での作業は上記資格は必要でしょうか?

ピット内に換気設備はないですが、外周は全て5cmの隙間(免震クリアランス)が空いており、外気に接しております。

酸素欠乏に関する資格(教育)は「作業主任者」と「特別教育」の二つがありますが、いずれも安衛令に定める場所での作業が対象となっており、当該「免震ピット」の構造・状態等が安衛令別表第6第1号又は第3号に該当すれば対象となり、資格(教育)が必要になると思われます。

★ 労働安全衛生法施行令 別表第6


地域・講習・人数に合わせてすぐに予約可能

講習会を予約する

このページをシェアする

講習会をお探しですか?

 

▲ページ先頭へ