インターベンションとは

治療やサービスの提供に当たって踏まれる手順の一つである。

治療や援助がなされるには、初回時に面接を通しての主訴や現状の確認があり、支援者による問題のアセスメント(査定)を行い、それに基づいた援助計画の作成がなされる。

この援助計画に沿って具体的なサービスの提供が行なわれるのだが、この具体的なサービス提供が行なわれる段階のことをインターベンションと呼ぶ。

また、インターベンションの後には、必ずモニタリングという振り返り期間を設け、援助計画通りに支援が進んでいるか、援助計画を変更する必要がないかを日々確認していく。

 

このページをシェアする

講習会をお探しですか?

 

▲ページ先頭へ