強制規格とは

法律に基づいて、守ることが義務付けられている規格のこと。

これに違反すると、罰則が科されたり、不利益処分を受ける可能性がある。

例えば、労働安全衛生法第42条によると、特定機械等以外の機械で同法別表2にあるものについては、その構造規格は、強制規格である。

JIS規格やISO規格は任意規格であるが、法規によっては基準値や試験、検定方法、規制の手段として使われ、事実上強制力が伴い、強制規格として扱われることもある。

 

このページをシェアする

講習会をお探しですか?

 

▲ページ先頭へ