内部被ばくとは

放射性物質などを体内に取り込んだことによって、人体内部が被ばくすること。

放射性物質が体内に入る経路は、呼吸、飲食、皮膚の3通りがある。

汚染された気体や物質を呼吸や飲食によって摂取したり、皮膚の傷口から血管に入る込むことで、放射線が体内の器官等で蓄積され、内部被ばくを引き起こす。

内部被ばくでは、アルファ線(プルトニウム等)、ベータ線(ストロンチウム-90等)を出す放射性物質は問題となる。

 

このページをシェアする

講習会をお探しですか?

 

▲ページ先頭へ