鉛中毒とは

鉛や鉛合金などの摂取を原因とする重金属中毒。

鉛の精錬・製錬、鉛電池の製造・解体など、鉛に曝露するような作業場で、鉛の粉じんなどを吸入し、中毒症状を引き起こす。

急性中毒では、嘔吐・腹痛などがあるが、一般的には職場での作業による慢性中毒が多く、消化器症状、貧血、抹消神経症状などがある。

予防対策としては、曝露防止のための機械の設置、呼吸用防護具の使用などがある。

 

このページをシェアする

講習会をお探しですか?

 

▲ページ先頭へ