認可とは

法律上の行為が、公けの機関の同意を得なければ有効に成立しない場合、これに同意を与えて、その効果を完成させる行政行為。

許可の場合は、それを認めるかどうかは行政側が判断するが、認可の場合は、認可の申請に必要な要件を満たしていれば、行政側は認可しなければならないとされている。

例えば、学校法人はその主務大臣の認可を得る必要があるし、電気料金やタクシー料金なども勝手に料金を決めることはできず、認可を受けなければならない。

 

このページをシェアする

講習会をお探しですか?

 

▲ページ先頭へ