熱中症とは

暑熱環境下において引き起こされる、急性の不調症状。

暑いときに運動や労働によってエネルギーを使うと、体内で多量の熱が作られるため、体温を維持しようとして、様々な症状があらわれる。

熱中症には、熱痙攣、熱虚脱、熱射病があり、めまい・嘔吐・痙攣・失神・意識障害などの症状がおこるため、屋外での労働や炉前での作業には注意が必要である。

予防対策としては、水分だけでなく塩分も補給すること、また休憩時間の確保、救急措置の訓練などが挙げられる。

 

このページをシェアする

講習会をお探しですか?

 

▲ページ先頭へ