認知的不協和理論とは

認知的不協和理論とは、アメリカの心理学者であるフェスティンガーによって提唱された概念である。

人間は矛盾する二つの認知を抱えた時に不快感を感じるが、その不快感を軽減させるために認知を変化させたり行動を変化させるという理論である。

有名な例として、喫煙者の不協和というものがある。

「タバコは体に悪い」という認知と「私はタバコを吸っている」という認知は不協和を起こす。

この認知をこのままにしておくと自己に矛盾が起きてしまうので、「私はタバコを吸っている」という認知に対して、行動を変えて「私はタバコを吸わない」という認知に変える事で、自己の矛盾は解決される。

他には「タバコを吸っていても長寿の人もいる」という認知を付け加えれば、自己に起こる矛盾は軽減される。

 

このページをシェアする

講習会をお探しですか?

 

▲ページ先頭へ