中皮腫とは

胸膜や腹膜などの中皮に生じる腫瘍。

胸部の肺や心臓、腹部の胃腸や肝臓などは、それぞれ膜に包まれており、その膜の表面をおおっているのが中皮である。

この中皮に発生した腫瘍が中皮腫で、良性と悪性がある。

原因の多くは、アスベスト(石綿)曝露とされていて、曝露から発病までの期間は、一般的に30~40年くらいといわれる。

日本ではアスベスト輸入量のピークは70年代半ばであり、潜伏期間考えると、今後、中皮腫の罹患および死亡は増加することが予想されている。

 

このページをシェアする

講習会をお探しですか?

 

▲ページ先頭へ