電光性眼炎とは

アーク光などによる角膜障害。

裸眼でアーク光を見ると、強い紫外線によって角膜が炎症を起こし、眼に痛みを感じたり、充血したり、涙が出たりする。

何度も電光性眼炎になると、視力の低下や最悪の場合失明に至ることがあるので注意が必要である。

対策としては、溶接時などは保護具をつけ、直接アーク光をみないようにする。

 

このページをシェアする

講習会をお探しですか?

 

▲ページ先頭へ