電離放射線障害防止規則とは

電離放射線による健康障害を防止するために、その安全基準を定めた厚生労働省令。

ここでいう電離放射線とは、アルファ線、重陽子線及び陽子線、ベータ線及び電子線、中性子線、ガンマ線及びエックス線のことをいい、事業者は、労働者が電離放射線を受けることをできるだけ少なくするように努めなければならない。

内容としては、管理区域並びに線量の限度及び測定、外部放射線の防護、汚染の防止、特別な作業の管理、緊急措置、エックス線作業主任者及びガンマ線透過写真撮影作業主任者、特別の教育、作業環境測定、健康診断などについて規定がある。

 

このページをシェアする

講習会をお探しですか?

 

▲ページ先頭へ