特定化学物質とは

労働安全衛生法施行令の別表第3にあるもので、危険または有害で、その取扱いには十分な注意を要する化学物質。

同令の別表第3は、第1類・第2類・第3類に分けて化学物質を明記してある。

第1類には、ジクロルベンジジン及びその塩、アルファ―ナフチルアミン及びその塩、塩素化ビフエニル、オルト―トリジン及びその塩など8種類 第2類には、アクリルアミド、塩化ビニル、塩素、ホルムアルデヒドなど37種類 第3類には、アンモニア、一酸化炭素、塩化水素、硝酸、二酸化硫黄など9種類がある。

 

このページをシェアする

講習会をお探しですか?

 

▲ページ先頭へ