THP(トータル・ヘルスプロモーション・プラン)とは

厚生労働省は、昭和63年に「事業場における労働者の健康保持増進のための指針」を策定した。

これに基づき、労働者の心身両方の健康を保つための取り組みをトータル・ヘルスプロモーション・プランという。

その内容は四つのサイクルからなる。

一つ目は健康保持増進計画の策定であり、これに基づいて労働者の健康づくりを行なう。

二つ目は健康測定で、労働者の健康状態を明確に把握することを目的としている。

三つ目は健康指導で、健康測定の結果や指導医からの指導票をもとに、健康づくりのための指導が行なわれる。

四つ目は実践活動であり、健康指導の内容を労働者自身が実践していくことである。

以上の四つのサイクルを繰り返し行い、労働者の健康を守るのである。

 

このページをシェアする

講習会をお探しですか?

 

▲ページ先頭へ