テクノ依存症とは

コンピュータやスマートフォンをはじめとした情報機器に没頭してしまい、それが無ければ体や精神に症状が出る状態のことをテクノ依存症と呼ぶ。

ネット環境やコンピュータがない場所にいくと不安になったり、過度にイライラしたり、そのような場所を回避したりする傾向が見られる。

また、このような情緒的な症状だけでなく、時には落ち込みが激しくなる抑うつ症状や、頭痛・めまいといった身体症状が出てくることもある。

近年では特にスマートフォンの発達が目覚しく、いち早い治療方法の確立が求められている。

まだ有効な統計などもあまり出回っていないのが現状であるが、潜在的な罹患者はかなりの数になるのではないか、と言われているので注意が必要である。

 

このページをシェアする

講習会をお探しですか?

 

▲ページ先頭へ