ドメスティックバイオレンスとは

同居関係にある配偶者や内縁関係のパートナーとの間で行なわれる暴力のこと。

警視庁の「配偶者からの暴力事案の対応状況について」によると、その数は近年増加の一途をたどっており、一刻も早い支援策の確立が叫ばれている。

その相談件数の98%は女性であり、一般的には男性から女性に行なわれるものとして認識されている。

しかし、昨今、親権などの争いから実際には行なわれていないドメスティックバイオレンスを訴える虚偽ドメスティックバイオレンスなどの事例もあり、注意が必要である。

加害者の中には発達障害やパーソナリティ障害の傾向がある者も少なくないことが指摘されており、医療・福祉・地域が連携して支援していく必要性がある。

 

このページをシェアする

講習会をお探しですか?

 

▲ページ先頭へ