地域産業保健センターとは

産業保健スタッフを雇い入れていない事業場においても、産業保健サービスを受けられるように設置されたのが、地域産業保健センターである。

従業員が50人未満の事業場においては、産業医の選任などが必要ない為、産業保健に関する相談や指導などが受けられる資源が存在しない。

例えば、50人未満の事業場で月100時間を越える過重労働が発生した場合は、その従業員に対して過重労働面接を行なわなければならないが、産業医の選任をしていないために過重労働面接を行なうことができない。

そこで、地域産業保健センターを利用することで従業員50人未満の事業場においても産業保健のサービスを受けることが出来るのである。

 

このページをシェアする

講習会をお探しですか?

 

▲ページ先頭へ