適応障害とは

適応障害とはストレス障害の一種である精神疾患である。

ある状況が耐え難いほどにストレスフルな状況になると、情動面や行動面において問題が起きるものを言う。

例えば、職場などで上司からのプレッシャーを常に受け続け、ストレスを感じているとその場にいることが耐えがたくなり、涙が出てきたり、自傷に走ったり、時には他害してしまったりするような状況の時、適応障害という診断名がつく。

急性ストレス障害やPTSDのような外的なストレスにより症状が出る疾患であるが、適応障害の場合は上記の疾病のような強いストレスでなくとも、日常的なちょっとしたストレスでも発症すると考えられている。

また、その性質からうつ病や抑うつ状態を伴うことが比較的多い。

 

このページをシェアする

講習会をお探しですか?

 

▲ページ先頭へ