都道府県産業保健推進センターとは

産業保健推進センターとは、独立行政法人労働者健康福祉機構が各都道府県に設置している施設で、産業医、産業保健スタッフ、衛生管理者等の産業保健にかかわるスタッフの支援を行なうことを目的としている。

また、産業保健にかかわるスタッフへの支援だけでなく、事業主に対して労働安全衛生の推進・啓発を行なうことも目的とされている。

具体的に行なっている業務は、産業保健に関する質問を受ける窓口相談、産業保健スタッフの更なるスキルアップを図る研修、ホームページ等による情報提供、事業主などに対する広報、地域の産業保健活動に関する調査などである。

地域産業保健センターは産業保健推進センターがその母体となって運営が行なわれている。

 

このページをシェアする

講習会をお探しですか?

 

▲ページ先頭へ