統合失調症とは

統合失調症とは、幻覚、妄想といった陽性症状と、抑うつや感情の平坦化といった陰性症状などがみられる精神疾患の一種である。

三大精神病の一つともされており、精神科医療の中では比較的メジャーな病である。

幻覚は主に人の声が自分に話しかけてくるといった幻声と呼ばれるものがその多くを占める。

また、妄想に関しては、誰かが自分を傷つけようとしているといった被害妄想が多い。

解体型、緊張型、妄想型、残遺型という4つのタイプに分類され、解体型は思春期に多く見られ、解体した思考などが主症状とされている。

緊張型はカタトニーと呼ばれる、一つの体勢をずっと取り続けるという特徴的な行動が見られる。

妄想型は、妄想が主症状とされている。

また、長期的にいずれかの統合失調症の症状が出ていると残遺型というタイプに分類される。

 

このページをシェアする

講習会をお探しですか?

 

▲ページ先頭へ