よくあるご質問・回答【安全衛生推進者養成講習】

この講習を修了しないと安全衛生推進者になれないのですか?

安全衛生推進者は、下記【1】または【2】の中から選任されます(安衛則第12条の3第1項)。
【1】都道府県労働局長の登録を受けた者が行う講習を修了した者
【2】当該業務の担当に必要な能力を有すると認められる者

【2】に該当しない方は、安全衛生推進者養成講習の修了が必要です。

【2】の該当者は、安全衛生推進者講習の修了は必要ありませんが、当該業務に従事することになった時に能力向上教育(初任時教育)を受ける必要があります。

【2】の該当者は、「安全衛生推進者等の選任に関する基準(昭和63年9月5日労働省告示第80号)に下記の通り定められています。
○大学又は高等専門学校を卒業した者で、その後1年以上安全衛生の実務に従事した経験を有するもの
○高等学校又は中等教育学校を卒業した者で、その後3年以上安全衛生の実務に従事した経験を有するもの
○5年以上安全衛生の実務に従事した経験を有する者
○厚生労働省労働基準局長が前三号に掲げる者と同等以上の能力を有すると認める者


講習はどういった内容(カリキュラム)ですか?

「安全衛生推進者養成講習の概要」をご覧ください。


埼玉県の会社ですが、東京都の講習を受けて大丈夫でしょうか。安全衛生推進者養成講習です。

講習実施機関は登録している都道府県労働局の範囲内でなければ講習を実施することは出来ませんが、受講される方に関しては地域等の指定はありませんので、他の都道府県の講習を受講されても大丈夫です。


安全衛生推進者養成講習終了証の更新講習は必要なのでしょうか?

現行法令による規定では更新講習は定められていません。

なお、安衛法第19条の2に能力の向上を図るための教育、講習等が定められています。(安全管理者等に対する教育等)

第十九条の二 事業者は、事業場における安全衛生の水準の向上を図るため、安全管理者、衛生管理者、安全衛生推進者、衛生推進者その他労働災害の防止のための業務に従事する者に対し、これらの者が従事する業務に関する能力の向上を図るための教育、講習等を行い、又はこれらを受ける機会を与えるように努めなければならない。


安全衛生推進者の選任要件についてお聞きします。 職長・安責者教育を修了し、元請契約における建設現場での現代人や主任技術者の立場での実務経歴が1年以上あれば、安全衛生推進者として選任(兼任)できますか?或いは、上記実務経歴が1年以上あっても、安全衛生推進者養成講習の受講が必要でしょうか?
また、下請契約において選任した職長・安責者の実務経歴は、安全衛生推進者の選任要件である実務経歴として考えてよいでしょうか?

安全衛生推進者選任資格のうち実務経験を伴うものは以下のものがあります。
(昭和63年9月5日付通達「安全衛生推進者等の選任に関する基準」)
(1)大学又は高専卒業後に1年以上安全衛生の実務に従事している者
(2)高等学校又は中等教育学校卒業後に3年以上安全衛生の実務に従事している者
(3)5年以上(安全)衛生の実務に従事している者
また、実務経験の判断については昭和四七年九月一八日付「労働安全衛生規則の施行について」に、以下の記載があることから、お問い合わせの内容であれば実務経験として差し支え無いと存じます。
Ⅰ 第一編 通則関係 > 第二 細部事項 > 4 第五条関係
(3) 第一号および第二号の「産業安全の実務」とは、必ずしも安全関係専門の業務に限定する趣旨ではなく、生産ラインにおける管理業務を含めて差しつかえないものであること。


地域・講習・人数に合わせてすぐに予約可能

講習会を予約する

このページをシェアする

講習会をお探しですか?

 

▲ページ先頭へ