まとめ

ストレスチェック制度の全体像および進め方について、ご理解いただけましたでしょうか。法令が根拠になっていることもあり、複雑な部分も多々あったかと思います。わからないことがあれば、ぜひ特設サイト等をチェックしてみてください。

ただし、方法論だけにこだわるのではなく、その意義や目的についても忘れないようにしてください。目指すのは、労働者のメンタルヘルスを改善させること。ストレスチェックとともに、どのような職場を構築するべきかについても、改めて考えてみましょう。

根拠法令等

・労働安全衛生法 第六十六条の十第一項
・労働安全衛生規則 第五十二条の九から第五十二条の二十一
・心理的な負担の程度を把握するための検査及び面接指導の実施並びに面接指導結果に基づき事業者が講ずべき措置に関する指針 (改正 平成27年11月30日 心理的な負担の程度を把握するための検査等指針公示第2号)

http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/anzeneisei12/pdf/150511-2.pdf

参考文献

※1 「こころの耳」厚生労働省
http://kokoro.mhlw.go.jp/etc/kaiseianeihou.html

※2 「雇用・労働 安全・衛生」厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/anzen/index.html

※3 「労働安全衛生法の一部を改正する法律(平成26年法律第82号)の概要」厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11200000-Roudoukijunkyoku/0000049215.pdf

※4 「平成25年 労働安全衛生調査(実態調査) 結果の概要」厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/dl/h25-46-50_01.pdf

※5 「平成26年度『過労死等の労災補償状況」」厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000089447.html

※6 「自殺の統計」内閣府
http://www8.cao.go.jp/jisatsutaisaku/toukei/

※7 「Preventing suicide: A global imperative」WHO
http://apps.who.int/iris/bitstream/10665/131056/5/9789241564779_jpn.pdf?ua=1

※8 『ストレスチェック制度 導入と実施後の実務がわかる本』坂本直紀(2015)日本実業出版社

※9 『早わかりストレスチェック制度』吉野聡(2015)ダイヤモンド社

※10 『職場のストレスチェック実践ハンドブック』中島明子 長谷川崇(2016)創元社

※11 「ストレスチェック制度実施マニュアル」厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/anzeneisei12/pdf/150507-1.pdf

※12 「改正労働安全衛生法に基づくストレスチェック制度について」厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/anzeneisei12/pdf/150422-1.pdf

その他参考

『よくわかる!ストレスチェック制度の業務フローと実務』一般社団法人ウエルフルジャパン(2015)日本法令

 

このページをシェアする

講習会をお探しですか?

 

▲ページ先頭へ